<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ブラシで花火を

最近良い天気続きなのに、ヒッソリ過ごしていますので・・・・!
遊んでみました。 架空の花火大会です
c0017802_1821532.jpg
冬の花火は奇麗です。 早くこいこいクリスマスの花火・・・・
[PR]

by mimidiary | 2006-10-30 18:23 | チョットへ( ‥) ン?

旅の終わりに

驚いた事
帰りの出来事です。 空港に着きましたが観光バスはターミナルの手前までしか
行けません。 残りの200M余りを雨の中各自でスーツケースを運びました。
また入り口が狭く、おまけにそこでセキュリティーチェックがあります。 
荷物やコート靴まで脱いでセキュリティーに通します。 チェックの順番が来るまで
外で待機です。 冬でなくて良かった・・・・
まだまだ観光客の受け入れ態勢が~~~
靴は2回脱ぎました。 いろいろありましたがそれなりに楽しみました。

ミケランジェロの 「うずくまる人」
c0017802_2142021.jpg
ピカソは沢山ありました
c0017802_21424962.jpg
テーブル2
c0017802_21433319.jpg
忘れたけど奇麗な人です・・・・ね
c0017802_21471526.jpg
大帝の庭でお仕事中の人
c0017802_2144494.jpg
又どこかで・・・・・・
[PR]

by mimidiary | 2006-10-18 21:49 | おばさんの・・・人旅

エカテリーナ宮殿

午後は最後の観光 エカテリーナ宮殿です
横になが~い・・・・。 まず入り口で靴の上にビニールのカバーを履きます。
これが木の床の上でよく滑ります。 一歩一歩注意して歩かないと転びそうです。
此方の宮殿は部屋ごとの装飾がすごいです。
復元された琥珀の間は写真が取れません。 しっかり見てきました。
c0017802_19242957.jpg
c0017802_192450100.jpg
c0017802_19251144.jpg
c0017802_19253388.jpg
c0017802_19334644.jpg
両方の窓側に長い廊下があります。 
見学者はグルリト長方形に1週する
感じで歩いています。
写真の少し暗いところは階段のある
場所です。
午前中はお庭午後は宮殿の中~~~
いろいろ見ました。
夏の宮殿はイエロー ・ 海辺の離れは
ピンク
エカテリーナ宮殿はブルー 冬宮は 
薄いクリーン 色がたくさん・・・・・
 
良く歩きました。
[PR]

by mimidiary | 2006-10-17 19:50 | おばさんの・・・人旅

ピヨートル大帝の夏の宮殿

ペテルブルグは又も深い霧の朝です。 
10月に入りました。 ピヨートル大帝の夏の宮殿の噴水は 翌日からは冬支度のようです。
水を噴き上げてる 今年最後の姿です。
10時になると水が出始める と言う事で、まずお庭の散策から。  
前の海を行くと北欧にいけるなあ~~~
c0017802_9364990.jpg
c0017802_9385852.jpg
大帝がお好きだったと言う海辺に建つ・・・・  日本的には 「はなれ」 かしら???
c0017802_9392028.jpg
裏庭から見た宮殿
c0017802_9393476.jpg
これらの噴水は電力とかでなく、自然の力を工夫して水を吹き上げているそうです。
あまり高低差の無い国なので・・・  どの様にしているのでしょう???
[PR]

by mimidiary | 2006-10-16 09:48 | おばさんの・・・人旅

エルミタージュ美術館

やって来ましたエルミタージュ美術館
c0017802_1112035.jpg
エルミタージュ美術館は冬の宮殿の中に(冬宮のすべてなのか?わかりません)あります
c0017802_114577.jpg
通路から2階へ・・・ 床は日本の寄木細工作りのような模様(一つ一つが大きいですが)です。
豪華な室内飾りやシャンデリア等はさておき美術品をUPしようと思います。
朝顔のテーブル 石や宝石で作られています。
c0017802_11171044.jpg
有名なカラクリ時計
c0017802_11202419.jpg
色んな動物が時間が来ると動いたそうです。時間は中央の木の根元のこのキノコ
赤で示した場所でわかるとか (今は2時すぎ・・・分までは?)
c0017802_11204164.jpg
モネ
c0017802_11275431.jpg
ルノワール
c0017802_1129338.jpg
ゴヤ
c0017802_11295459.jpg
ゴッホ
c0017802_11303033.jpg
ゼザンヌ
c0017802_1132653.jpg
ダ・ヴィンチ、ラファエロ・・・・等々沢山ありましたが またいつか
[PR]

by mimidiary | 2006-10-14 11:39 | おばさんの・・・人旅

聖・ペテルブルグ

とうとうやって来ました。 聖・ペテルブルグ
海に(フィンランド湾)面した土地のせいかお天気が・・・・? 
朝起きるとどんよりとした深い霧の中にいました。 広場のオベリスクが1/3程は見えません。
傘を持って市内観光です。 
この町は水の・運河の町と言う事で大阪と姉妹都市になっているそうです。 
代表的なネヴァ川
c0017802_8475934.jpg
この川から引かれた運河が帝政ロシア時代の豪華な宮殿や庭園・寺院等を取り囲んでいます。
聖イサク寺院
c0017802_9122798.jpg
血の上の教会
c0017802_913105.jpg
聖ワシリー寺院もすごかったけど・・・・! 切り取って集めてみました   
c0017802_9134178.jpg
G8サミットの為に冬宮(エルミタージュ)の前のネヴァ川の中に噴水が作られたそうです
c0017802_9323970.jpg
午後はエルミタージュ美術館だ・・・・・
[PR]

by mimidiary | 2006-10-13 09:33 | おばさんの・・・人旅

商人の町

モスクワから寝台車で8時間ノヴゴロドと言う所にきました。
ここは商人たちで栄えた町らしく商人個人が教会を持っています。
多くは倉庫として使ったらしいです。 (12世紀~16世紀)
通りには通りの教会があり、葱ボース沢山の教会をモスクワ形式
一つの教会をノヴゴロド形式と言うそうです。
クレムリン
c0017802_9562637.jpg
川の名前はボルホブ川・・・ゆったりと流れています。
白いアーチは商人宿の跡だそうで、昔ここで色んな取引があったようです。
商人宿の後ろに広がるのが商人たちの町とその教会群です
c0017802_959028.jpg
c0017802_9593581.jpg
クレムリン内の聖ソフア寺院でミサを体験しました。 ロシア正教ではイスはなく、皆さん思い思いの場所に立ち牧師?さんの声に続いて聖歌を歌っています。
女性は髪を帽子やスカーフでかくし、男性は無帽でなくてはなりません。
寺院内に流れるのは牧師さんの声と聖歌だけ・・・・・  とても厳かでした
[PR]

by mimidiary | 2006-10-12 10:08 | おばさんの・・・人旅

ウラジーミルからノヴゴロドへ

ウラジーミルは大きな町でした。 この町は少し高低差があります
丘の上に黄金に輝く屋根を持つウスベンスキー寺院が聳え立っていました。
c0017802_8351851.jpg
此方は個人の礼拝堂です
c0017802_854654.jpg
道路の真ん中に黄金の門が見えます。
電線が今一なので少しぼかしています
c0017802_838551.jpg

これからモスクワに戻り寝台車でノヴゴロドに向かいます
[PR]

by mimidiary | 2006-10-10 08:44 | おばさんの・・・人旅

スズダリの村・・・町?

スズダリの町・・・?は小さな町です、その中に沢山の教会・修道院があります。
教会には礼拝堂が2つ  何で2つ・・・?
大きい礼拝堂が夏用で、冬は寒いので小さい礼拝堂と使い分けているそうです。 フムフム
この町にもクレムリンと赤の広場がありました。 
クレムリンは城塞と言う意味だそうです。 モスクワにしか無いのかと勝手に思い込んでいました。  まずは案内図とクレムリン内のロシデスト・ヴェンスキー聖堂と木造の昔の教会
c0017802_23542073.jpg
c0017802_23544711.jpg
ポクロフスキー女子修道院でお昼を頂きました。 
この修道院には貴族の女性がもろもろの(奥様方に子供が出来なかった時)やその他・・・?
で閉じ困られたようです。 現在は敷地内にホテルがありました。
c0017802_055335.jpg
c0017802_06799.jpg


 
[PR]

by mimidiary | 2006-10-09 00:16 | おばさんの・・・人旅

修道院めぐり

今日はトロイツエ・セルギエフ大修道院を観光してスズダリへ
とは言っても何処だか検討も付きませんが、 ホテルを出て暫らく走ると大渋滞の始まりです。
郊外の道路では両側に人が沢山いて車の人と話をしています。
ヒッチハイク・・・?と思ったら、これが求職者と求人者の交渉場面だそうです。
家を建ててる人が安い労働者を集めにきてるらしい。
そうこうしてる内にトロイツエ・セルギエフ大修道院に到着です。
c0017802_11351428.jpg

敬謙な信者は並んで入場を待っています(観光客の入れない場所)、 観光客はその横から入場して、ぐるっとひとあたり見せて頂いて出てきます。 ミサでは歌が歌われていました。
大きな修道院でした。色々見せて頂いたのですが・・・・
c0017802_11353926.jpg

ロシア的な出来事・・・? 
写真やビデオを撮るのにお金が必要です。 町の風景は大丈夫でしたが
修道院の中・博物館・美術館・・・ 初めての経験 (結構なお値段?) でした。
急いで次のスズダリへ・・・・・  4時40分ようやく到着です。
5時の鐘を聴く為に運転手さん頑張りました。 今日は渋滞で大変な一日でしたね
スズダリのスパソ・エフフィミエフ修道院のスパソ・プレオブラジェンスキー聖堂です
c0017802_1136557.jpg
鐘楼・この鐘を聴く為に・・・・・
c0017802_11362170.jpg
人が足と手で19個の鐘をならしてます、(左側アーチの鐘の下にいます)
c0017802_11363472.jpg
今夜は一般家庭で家庭料理を頂きます
[PR]

by mimidiary | 2006-10-07 11:44 | おばさんの・・・人旅